投資顧問と投資信託の違いは?

投資にご興味がある方や、すでに投資を開始している方は「投資顧問」や「投資信託」という言葉をお聞きになったことがあるのではないでしょうか。この二つの違いについてご存知ですか?意外と知らない方が多いようです。また、そもそも違う仕事なの?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。実は、大きく違うポイントがあるのです。ここでは、それぞれの違いについて分かりやすくご紹介していきます

運用担当者が異なる

投資顧問と投資信託の違いを知っておけば、あなたに合った方を選ぶことができるようになります。そしてそれが利益に繋がっていくことになりますので、しっかり確認してください。まず投資信託は、投資をするあなたに代わって株などの金融商品の変動をプロが見極め、投資の判断をしてくれます。判断のみならず、投資に必要な行為をすべて行ってくれるのが投資信託会社です。

投資顧問は、あなたの横で投資についてアドバイスをしてくれる存在です。値上がりしそうな商品や、持っている株式の最適な売却時期についての情報を提供してくれます。また、投資信託は会社という大きな組織で行われますが、投資顧問は一人一人に寄り添ってアドバイスをすることが多いです。さらに、投資を判断するうえで必要になる情報も提供してくれます。

契約元や利用料金

先ほどは投資信託と投資顧問の大きな違いをご説明しました。ここでは、契約元や利用料金についてご紹介していきます。まず投資信託の場合、契約元は投資信託会社などの「法人」です。その会社を通して、証券会社や銀行などの金融機関とやり取りをすることになります。投資顧問の場合は投資顧問会社に所属している「個人」と契約することになります。

また、料金についても違いがあります。投資信託は自身が投資する額と、それに伴う投資信託会社への手数料の支払いが主になります。投資顧問では月額数万円の顧問料が発生します。これにプラスして投資する費用がかかってきます。また、次項でご紹介する期待利益も「法人」「個人」で異なってきますので、しっかり理解しておく必要があります。

期待利益

どちらを利用するのか考えるときには、期待利益の違いも確認しておかなければなりません。期待利益とは、投資をおこなうことで手に入れられるかもしれない見込み利益のことです。投資信託の期待利益は約数パーセントということが多いですが、投資顧問は数十パーセントにもなることがあります。投資顧問は利幅の大きな商品など、各個人個人へオリジナルのアドバイスをする分、比較的大きな期待利益を見込めるようになります。

しかし、顧問料の方が利益より高くなってしまう場合や元本割れなどのリスクが伴う場合もあります。投資信託では期待利益は低いかもしれませんが、どちらかと言うと堅実に資産を増やして行きたいと考えている方にはよいかもしれません。これらはほんの一例ですので、状況によって数字は少し変動することがあります。

まとめ

それぞれの違いについて説明してきましたが、理解していただけたでしょうか。投資信託は、銀行や証券会社などの金融商品をプロが運用していく投資方法です。まずはやってみたいという方におすすめの形態といえるでしょう。投資顧問はそれぞれの状況に合わせてアドバイスや必要な情報を教えてくれます。

その分顧問料などの料金はかかりますが、大きな利益を見込むことができる投資の方法でもあります。これらを判断の材料にして、あなたにぴったり合った投資をおこなってみてください。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各投資顧問会社の公式ホームページをご確認ください