おすすめの投資顧問会社5選

トリプルエー投資顧問のHP

トリプルエー投資顧問の特徴と評判

公式サイト
https://triple-a-invest.jp/
特徴
トリプルエー投資顧問は、東京都中央区にあります。投資のための銘柄情報をお客様...

情報力とサポート力で、高い上昇実績を誇る トリプルエー投資顧問のおすすめポイント1つ目は、アナリストが自分の足で稼いできた、生の情報を届けてくれることです。トリプルエー投資顧問は企...

CMBトレード塾のHP

CMBトレード塾の特徴と評判

特徴
CMBトレード塾は、トレーダーになるための技術の指導を行っているスクールです。どんな環境でも月に5%...
アセットアライブ株式情報のHP

アセットアライブ株式情報の特徴と評判

特徴
アセットアライブ株式情報は創業18周年を迎えた兵庫県西宮市にある会社です。国内株式を中心に投資運用...
あすなろ投資顧問のHP

あすなろ投資顧問の特徴と評判

特徴
あすなろ投資顧問は、株式投資のアドバイスを行う投資顧問サイトで、創業14年になります。専属の株式投...
トラフィックトレードのHP

トラフィックトレードの特徴と評判

特徴
トラフィックトレードは、初心者の個人投資家の方から、証券会社のプロの方まで、全ての投資家のサポー...

投資顧問とはどんなことをするの?

投資をしてみたいけれど、リスクも大きいから躊躇しているという方も多いのではないでしょうか。確かに、投資にはリスクがついてまわります。できれば、少ないリスクで大きな利益をあげたいですよね。そんなときに皆さんに利用を検討してもらいたいのが、投資顧問という仕事の方々です。皆さんの投資についての不安を解消してくれるので、ぜひどんな仕事なのか、料金はいくらくらいなのかを確認してみてください。


投資運用業とは?

投資をお考えの方やすでに投資をされている方であれば、投資運用業という言葉を聞いたことがあると思います。では、そもそも投資を運用するとはどんなことかをしっかり理解していますか?ここで一度、基本をご確認していってみましょう。投資は個人でおこなうことが基本的です。しかし、自分一人の判断では、間違えてしまって大きな損失を招くことがありますし、最悪の事態を招いてしまうこともあります。そこで活用したいのが、投資運用業です。投資運用業には大きく分けて二つ選択肢があります。

まず、投資信託という選択です。こちらは、投資に関する判断をプロに一括で依頼してしまうことになります。投資信託会社が良いと思った投資をおこない、手を引くべきと判断したら投資をやめて別のところに再度投資をおこなってくれます。手数料などは安い場合が多いので、初めて投資運用業を活用してみるという方にはおすすめです。大きな利益は見込めない場合もありますが、その分堅実な投資ともいえます。

もう一つの投資運用業は、投資顧問を活用することです。この投資顧問は、投資信託のように一括で依頼するのではありません。基本的に自分一人で判断を下していく投資を、必要に応じてアドバイスや投資に活用できる情報を提供してくれることに焦点が当てられています。顧問料については改めて詳しくお伝えしますが、投資信託業者よりは少し高めになることが多いようです。しかし、顧問料を取るだけあって、利益は大きく返ってくる場合も多くあります。

また、これらの投資運用業は財務局からの登録番号を必要としていますが、これを持たずに営業する違法業者もいますので、投資運用業の活用をお考えの際は正規の業者に関する情報収集をしっかりおこなう必要もありますので、チェックを忘れないようにしてください。


投資顧問の種類と特徴

投資顧問に関しては、いくつかの特徴があります。大きく分けると、二つです。まず、投資助言契約という方法。こちらは、顧問と契約したお客に投資のアドバイスをしてくれるものです。投資助言契約では、してもらえるのはいわゆるアドバイスだけ。様々な情報などを提供してくれますが、最終的に判断するのは自分ということになります。もちろん、それだけではなく、判断に関する助言などは多くしてもらえますし、今までの皆さんの投資の傾向などから判断して次に上がりそうな保有銘柄を予想してくれます。的確な売買の時期も伝えてくれるので、投資の判断の一助になるでしょう。人に投資をまかせっきりはなんだか不安だな、と思う方にはおすすめの方法と言えます。

しかし、アドバイスを元に投資したのに損をしてしまったときでも業者は責任をおわず、自分自身の判断の下でやったということで自分に責任が来ますので注意してください。

もう一つは、投資一任契約という方法です。こちらは、投資を自分でするのではなく、業者に一括でやってもらうものです。契約によって範囲は異なりますが、投資の判断や、売買の決定権などを業者に渡すかどうかというものなどがあります。自分で投資の作業をすることなく、業者が一気にすべてをやってくれるので、楽に投資を始めることができます。

もし、売買に失敗して損失が出た時は、ある程度の額まで保証もしてくれるので安心できます。ここまで見ていると、どっちもメリットとデメリットが存在し、どちらが正しいのか判断に困るという方もいらっしゃるのではないかと思います。ここで、どちらがあなた向きかを簡単に判断してみましょう。自分で投資の決定をしたいという方は投資助言の方をおすすめします。失敗しても自分の責任だ、と割り切れる方なら大丈夫でしょう。

投資をしているけれど面倒になってきてしまったとか、初めてで何をしたら良いか全くわからないという方は投資一任をお願いした方が良いかもしれません。自分で責任が取れるかどうかも考慮してみてください。


投資顧問の料金形態と契約プラン

では、投資について、やっぱり皆さんが一番気になるであろう料金についてをここではご説明していきます。投資顧問における平均相場は、一か月に数万円程度と言われています。業者によっては、月額が数千円で済むところから、数十万円以上もかかるところもあり、それぞれ特徴が異なってきます。しかし、これは平均ですので、更に高額な料金体系のところも存在します。

ここでまず皆さんに抑えてほしいことは、値段が高いからと言って必ずしも質が高いとは限らないことです。投資顧問とは、皆さんの投資にアドバイスを与えることを主な仕事としています。つまり、この銘柄がこれから値上がりしてお得ですよ、という情報をくれるのですが、どんな投資顧問でもその見通しを失敗してしまうことがありえるのです。どんなに高い月額を支払っていても、最終的にその顧問の力量がすべてになってしまうからです。

また、プランによっても値段は変化します。情報だけならこれだけの値段、様々なサポートやメールマガジンなども含めるとこの値段、というように変化しますので、皆さんのニーズと予算に合ったプランを選ぶことが重要になってきます。このようなアドバイスが外れてしまうことも考慮に入れておかなければならりません。投資顧問は皆さんの投資にアドバイスを与えてくれはしますが、最終的な投資の意志判断は皆さんに委ねられています。

皆さんは投資顧問に支払った金額を回収できるように投資をしていく必要があります。まずは、顧問について考える場合は、皆さんのおおよその予算を決定しておいてから、会社を探すことが得策といえるでしょう。予算を明らかにしておけば、業者に予算はここまでだから、と事前に話しておくことで問題なく料金を決めていくことにも繋がります。

格安料金であっても良質な情報を提供してくれたりすることもありますし、十人十色です。もし料金で不安なことがあったり、聞きたいことがあれば、候補の業者にまずは電話やメールで問い合わせてみてから、本格的な調整に入っていくことがベストといえるでしょう。


まとめ

ここまで、投資運用業について説明をしてきました。投資運用には、投資信託と投資顧問という二つの選択肢があります。投資顧問の中でも、投資助言と投資一任という方法があります。投資助言はアドバイスなどをするだけですが、投資一任はその名の通り投資を業者に委託してやってもらうことになります。

また、投資助言では失敗しても自分の責任になりますが、投資一任ですと業者がある程度まで責任を負ってくれます。一番安くて数千円から、一番高くて数十万という月額が必要になります。プランによっても値段も変わってきますので、予算を決めたうえで計画的に投資運用を始めてみるようにしてください。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各投資顧問会社の公式ホームページをご確認ください